専門学校でお菓子やパンのプロを目指す!

専門学校で製菓・製パン、パティシエコースで学べることを紹介します
未分類

卒業後の進路は?

2018年8月1日

専門学校の製菓、製パンコースやパティシエコースで知識や技術を得た後の就職先は、洋菓子店や和菓子店、パン屋だけでなく様々なところにあります。また、就職先でやる仕事の内容も多岐に亘っています。

お菓子作り製菓コースを卒業した後の進路として圧倒的に多いのは洋菓子店・和菓子店への就職です。仕事の内容は早朝から仕込みを行い、お店が開店した後も追加分のお菓子を作ったりできた品物をショーケースに並べる仕事をこなします。作業内容は各店舗によってかなりバラつきがあり、人数や店の規模によって変わります。また、ホテルパティシエとして活躍する人もいます。ホテル内で販売する菓子の他、バイキングなどで提供するスイーツやウェディングケーキなどイベントに合わせて様々な仕事を任されることがあります。製パンコースを卒業した人は就職先として製パン店が挙げられます。仕事の内容は菓子店と同様に仕込みや焼成などを行います。卒業後はカフェのスタッフとして働くという人もいます。軽食やスイーツなど、店によって提供する商品は様々なので仕事の内容も異なるでしょう。その他にもスクールの講師として学生の指導に当たる人もいます。自分の作ったお菓子やパンで人を幸せにしたいという人は、ぜひ専門学校で本格的に技術を学んでみてはいかがでしょうか。最後に専門学校の選び方について説明します。