未分類

専門学校の選び方

By on 2018年8月2日

将来はパティシエとして美味しいお菓子を作りたい、ブーランジェとして活躍したいと考えている人は多いでしょう。そこで、製菓や製パンが学べる専門学校を探してみたものの、たくさんありすぎてどこを選んだらいいか分からなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか?そこで、専門学校の製菓、製パン、パティシエコースを選ぶ時にどのような点に注意するとよいか紹介します。

女の子まずは実際にその学校がどのようなところかオープンキャンパスに足を運ぶことをお勧めします。自分の目で見ることによって、学生や講師、学校全体の雰囲気がつかめると思います。体験入学や学校・寮の建物の紹介などもあるので自分がここに進学してからの生活をイメージすると良いでしょう。気になる学校のパンフレットを取り寄せたりホームページで検討しながらいくつか候補を絞り、日程が合うならオープンキャンパスに申し込みましょう。

専門学校を選ぶ時の目安の1つに、誰が卒業しているかというポイントもあります。専門学校のホームページに卒業生として有名な職人の名前が掲載されていたら、もしかしたら在校中に特別講師として指導を受ける機会があるかもしれません。気になる卒業生がいたらチェックしてみましょう。

〔関連リンク〕専門学校オープンキャンパス / 大原学園

未分類

卒業後の進路は?

By on 2018年8月1日

専門学校の製菓、製パンコースやパティシエコースで知識や技術を得た後の就職先は、洋菓子店や和菓子店、パン屋だけでなく様々なところにあります。また、就職先でやる仕事の内容も多岐に亘っています。

お菓子作り製菓コースを卒業した後の進路として圧倒的に多いのは洋菓子店・和菓子店への就職です。仕事の内容は早朝から仕込みを行い、お店が開店した後も追加分のお菓子を作ったりできた品物をショーケースに並べる仕事をこなします。作業内容は各店舗によってかなりバラつきがあり、人数や店の規模によって変わります。また、ホテルパティシエとして活躍する人もいます。ホテル内で販売する菓子の他、バイキングなどで提供するスイーツやウェディングケーキなどイベントに合わせて様々な仕事を任されることがあります。製パンコースを卒業した人は就職先として製パン店が挙げられます。仕事の内容は菓子店と同様に仕込みや焼成などを行います。卒業後はカフェのスタッフとして働くという人もいます。軽食やスイーツなど、店によって提供する商品は様々なので仕事の内容も異なるでしょう。その他にもスクールの講師として学生の指導に当たる人もいます。自分の作ったお菓子やパンで人を幸せにしたいという人は、ぜひ専門学校で本格的に技術を学んでみてはいかがでしょうか。最後に専門学校の選び方について説明します。

未分類

何を学べるの?

By on 2018年7月31日

専門学校は卒業後も現場で使える技術や知識を在学中の限られた時間内で身につけることができる場所です。既にある程度の技術が身に付いているので就職率が高く、卒業してすぐに現場で働くことができる点も魅力です。

お菓子つくりの道具パティシエや和菓子職人、パン職人など、食の世界で生計を立てたいと考えている人も多いでしょう。美味しいお菓子やパンをたくさんの人に食べてもらうことを夢にしている人もいるかと思います。その夢を叶えるには技術を習得することが必須です。

専門学校の製菓、製パン、パティシエコースではそれぞれに必要な技術や知識を1年ないしは2年で身につけることが可能です。しかし材料の配合や仕込みなどのプロセス、道具の使い方などの基礎からそれを基にした応用まで、とにかく実習でたくさんのことをこなしていく必要があるので、授業はかなり忙しく、大変なことも多いでしょう。学校によっては洋菓子と和菓子両方の基礎を学べるところやカフェについて学べるコースもあり、自分のやりたいことや目指すものによって様々な選択肢があるかと思います。具体的に授業の時間割や実習内容について知りたい人は学校のホームページなどから資料を請求し、いくつか気になる学校で比較してみることをお勧めします。

未分類

専門学校で食のプロへ

By on 2018年7月30日

男性美味しい物は食べた人を幸せにしてくれます。そんな風に誰かを幸せにしたくてパティシエやパン職人を目指す人も少なくないでしょう。製菓・製パンの技術は実際に作って体で覚えるだけでなく、様々な知識も必要になってきます。こうした知識や技術を基礎から学ぶことができるのが専門学校です。

日本全国には様々な分野の専門学校があります。中でも調理や製菓についての学校は人気があり、将来のシェフやパティシエを目指す人たちが集まります。専門学校は各学校や学科によって学ぶ年数が異なりますが、製菓・製パンやパティシエコースは1年から2年で修業する学校が多いようです。実習が中心となるため、少人数制のところや独自のカリキュラムを組んでいるところもあり、学校によってかなり特色があると言えるでしょう。製菓や製パンコースには高校を卒業してからの進路として専門学校を選ぶ人もいれば、1度社会に出てからもう一度自分のやりたい夢を叶えるために通い始める人も多くいます。また、パティシエや製菓コースだけでなくカフェの運営についても学べるコースを設けている学校もあります

当サイトでは、将来パティシエやパン職人を目指したいという人や、進路の1つとして専門学校を考えている人に向けて専門学校で製菓・製パン、パティシエコースではどのようなことを学べるのか、また卒業後野進路について紹介します。このサイトが現在進路に悩んでいるという人の参考になれば幸いです。